忍者ブログ
思いつき。着想。考案。のようなもの。
[10] [13] [12] [8] [7] [5] [4] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コンセント直挿携帯携帯電話を使っていて充電が切れる。

これは実に由々しき問題で、充電が切れないようにするためには、適度な間隔での充電が必須である。

しかし、そのためには専用のアダプターが必要である、ということも由々しき問題を加速させているのではないかと思う次第である。

日本国民総携帯電話時代という現代では、携帯端末からwebを縦横無尽に貞子のように這いまわれたり、写真はおろか動画を撮影してブログにそのままアーップ、というようなことがもう当たり前のようにできてしまうのである。

なのに、「携帯への充電は専用のアダプターがないとできまへんのやぁ~」というのはどういうことだろうか。

もちろん、USB経由から充電できる充電ケーブルの存在や、乾電池から充電できるアダプターなんぞが売られているのは知ってるが、結局は要るか要らぬかわからん余分な物体を所持しなければ出先で充電なんてできやしないのが現状なのである。

実に嘆かわしい事態であるが、上の画像のようにコンセントにブスリと挿すことのできる(スライドor折りたたみ格納式の)差込みを端末に追加して頂ければ、営業先での緊急事態や、ホリディのジャーニーのような非緊急時にも余分なものを持参せずに充電しまくれるようになるわけだ。

ユーザー側のメリット
・充電の自由度が広がる。
・旅行や出張等で充電用のアダプタ等を持ち歩く必要がない。

メーカー(キャリア)側のメリット
・端末機能の差別化。(売れればそのうち真似されるが・・・)
・簡単充電がウリになる。

ユーザー側のデメリット
・ちょっぴり重くなる。
・本体の販売価格が高くなる。(充電台等のオプション化でなんとかなる?)

メーカー(キャリア)側のデメリット
・充電アダプタが売れなくなる。
・本体の販売価格が高くなる。(充電台等のオプション化でなんとかなる?)

もちろん、こないな機能を実装するには様々な技術的困難が伴うだろうが、そこを見事にクリアできれば将来の「プロジェクトX」の主人公は約束されたようなものであるし、未来の放送時に使用するいつ撮ったんだ? というような仕事中の写真を今のうちに撮影しておくべきであると無責任にオレ思う。

※「プロジェクトX」
戦後のさまざまな開発プロジェクトなどが、直面した難問をどのように克服して成功に至ったかを感動的に紹介するドキュメンタリー番組。2005年12月28日に放送終了
プロジェクトX~挑戦者たち~ - Wikipedia

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
これいい!
私、これ欲しいです!
メーカーさんがこのページを見てくれていることを願います。
juni 2006/09/30(Sat) 編集
ありがとうございます!
ホント、これが付いてくれるとアダプタ忘れた! といったようなことがなくなるとおもうんですよねー。
naru@unknown URL 2006/10/03(Tue) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
name:naru@unknown
hobby:妄言。
当サイトのコンセプト
世の中にあるものすべてに対して「こうなったらイイな」とか「こういうのあると便利じゃね?」という妄想を、惜しみなく書き連ねていく。

書いたもののなかには、既存のものがあったりするかもしれないが、調べることを放棄し、みんなが知っててもオレは知らんかった! というスタンスで恐れることなく書く。

まとめると“与太話”だ。
played
ブログ内検索
最新TB
最新CM
[01/18 Arnoldacrogma]
[01/18 MichalJefe]
[01/17 ViktorianZoons]
[07/29 NONAME]
[01/17 juni]
RSS:特別-the blog-
RSS
カウンター
SEO Stats
ページランク

アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © この企画(アイデア)、妄想にトゥキ! All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]